ミュージカル2本 (No.1163)

 

 

特にミュージカル映画が好きってわけではないけれど、

 

気がついたら立て続けにミュージカルを2本続けて観てた。

 

ひとつは「シェルブールの雨傘」。

 

カトリーヌ・ドヌーヴ主演の1964年のフランス映画だ。

 

1964年ですよ。54年前の映画ですよ。

 

 

 

どうしてこの映画を観たかというと、

 

少年時代の田口は両親の影響で映画をよく観てた。

 

映画って言ってもテレビで放映される映画だけどね。

 

日曜洋画劇場とか水曜ロードショーとか金曜ロードショーとか、

 

ゴールデン洋画劇場なんてのもあったなぁ。

 

毎日のようにテレビで映画やってて、結構観てた。

 

そんなわけで、映画好きになったわけだけど、

 

昔の映画って、主題歌がとてつもなく美しかったりするわけで、

 

田口の音楽好きのルーツは映画音楽だと思ってる。

 

 

 

素晴らしい映画音楽はたくさんあるけれど、

 

その中でも5本の指に入るくらいに好きな主題歌が「シェルブールの雨傘」。

 

もう美しすぎるでしょ。たまらん。

 

ミシェル・ルグラン作曲。ミシェル・ルグランは映画「華麗なる賭け」でも

 

「風のささやき」という、これまた美しい曲を作ってる。こちらもたまらん。

 

でも、よく考えたら、それほど好きな「シェルブールの雨傘」なのに、

 

映画をちゃんと観たことがなかった。

 

アマゾンプライムビデオで検索したけれど残念ながらなかったので、

 

TSUTAYAで借りてきた。

 

 

 

カトリーヌ・ドヌーヴの美しさに乗っかった甘すぎる映画なのかと思ったけど、

 

全然そんなことなかった。

 

美しいオープニングから始まって、全然飽きることなく最後まで観た。

 

セリフがすべてメロディに乗ってるっていう、ものすごいミュージカルで、

 

こんなの作るのも演じるのも大変だろうなぁ。すごいなぁ。

 

切なく美しい素敵な映画だった。

 

その後しばらく脳内で「シェルブールの雨傘」がエンドレス。

 

いい曲だなぁ。

 

 

 

さて、次のミュージカルは「LA LA LAND(ラ・ラ・ランド)」

 

こちらはアマゾンプライムビデオでやり出していて、

 

そういえば去年あたり結構話題になってたなぁ、くらいの感じで、

 

なんの前情報もなく観たら、ああ、そういえばミュージカルだったな。

 

古典的なミュージカルへのリスペクトが感じられるオープニングから始まって、

 

主演のふたりにも好感が持てて、なかなかいい映画でした。

 

レストランの支配人のちょい役の男優が「セッション」の鬼教師役の人だってすぐわかった。

 

なにしろ「セッション」で個性強すぎだったからね。

 

あの映画はものすごく良くできてたけど鬼教師が怖すぎだった。

 

 

 

で、「LA LA LAND」を観終わって、

 

あれ?これって「シェルブールの雨傘」の設定に似てないか?

 

と思ってウィキペディアで調べたら、

 

脚本&監督のデミアン・チャゼルさんは「シェルブールの雨傘」にかなりの影響を受けてるらしい。

 

う〜ん、納得。

 

しかも「セッション」の脚本&監督もしてた!

 

こちらも納得。

 

 

 

どちらも素敵な映画だったなぁ。

 

映画少年だった田口の心にまた火が着いたぞ。

 

さあ、今度は何の映画観ようか。

 

 

 

きょうのBGM : ミシェル・ルグラン -  シェルブールの雨傘


ギターをきれいにしてみた。(No.1162)

 

 

 

リサイクルショップで¥3,980で手に入れたクラシックギター。

 

ヤマハ C-150。

 

1980年。今から38年前に作られたギターだ。

 

38年前のギターを今自分が手にしているのって、

 

なんだかとても不思議な気がする。

 

38年間、どんな道を歩んできたのだろうか?

 

ひとりの人がずっと所有していたのだろうか?

 

それとも、何人かの人の手に触れられてここまで来たのだろうか?

 

う〜ん、38年は長くて深いな。

 

 

 

 

 

 

購入する時に付いていた札に「ソフトケース付属」って書いてあって、

 

普通の黒いペラペラのソフトケースを予想してたので、

 

カウンターの裏から出て来たソフトケースを見た時にはちょっとビックリ。

 

 

 

 

 

 

かわいいチェック柄でした。

 

女子が使っていたのかなぁ。

 

持ち手の所にキーホルダーが付いていて、

 

よく見ると「おひつじ座」って書いてある。

 

でも、田口は「さそり座」なのでこれは外させてもらおう。

 

それに、このソフトケースはちょっと小さくて

 

出し入れする時にヘッドの所がキツ目だったので使わないかも。

 

 

 

ようこそ田口のもとへ。

 

38年前のギターにしてはほとんど傷がなく、とてもきれいだ。

 

さあ、きれいに磨いて、もっともっときれいにしよう。

 

でもその前にやることがある。

 

弦高(げんこう)が高すぎて弾きにくそうなので、

 

サドルを削って弦の高さを低くすることに。

 

 

 

弦の下にある白いのがサドル

 

 

 

今までギターのサドルを削ったことなんてないので初体験。

 

ネットで色々調べて、サドルを紙ヤスリで削ることに。

 

サドルは簡単に外れる。

 

弦が当たる所とは反対の底の部分を紙ヤスリに押し当てて削ってゆく。

 

うまくいくかなぁ。

 

うまくいくといいなぁ。

 

うまくいきますように。

 

少しずつ少しずつ削って行って、

 

1.5ミリほど削って終了。

 

元に戻して弦を張ってみると、なかなかいい感じだ。

 

買って来た時より全然弾きやすくなった!

 

 

 

 

 

 

あとはボディをギターポリッシュで磨いて、

 

指版はレモンオイルで磨いて、

 

きれいになった!

 

 

 

生まれて初めてギターを手にしたのは中学生の時。

 

父親の同僚の人からもらったクラシックギター。

 

あれはうれしかった。

 

あの時のギターは高校の同級生にあげちゃったなぁ。

 

それ以来のクラシックギターなので、

 

弦の張り方とかすっかり忘れててネットで検索。

 

エレキやアコギと違ってちょっと面倒だったけど、

 

なんとか無事に張ることができた。

 

これまたリサイクルショップで買った¥500の弦だけど、

 

なかなかいい音がするじゃないか!

 

う〜ん、いい音だぁ〜。

 

しばらくメインのギターとしてポロポロ弾くことにしよう。

 

ギターも磨いたのでギターの腕も磨くことにします、

 

って、アコギの時もエレキの時も言ったような言わないような。

 

 

 

きょうのBGM : ルンヒャン -  ギターを抱いて


ギター買っちゃった。(No.1161)

 

 

 

最近、クラシックギター(ガットギター)の音がすごくいいなぁ、と思って、

 

クラシックギターが欲しくて欲しくて仕方なくて、

 

楽器屋とリサイクルショップに行くと、必ずクラシックギターをチェックしてた。

 

でも、やはりそれなりの値段がするわけで手が出ない。

 

手が出る値段の物は傷だらけだったり、どこのメーカーのものか判らなかったり。

 

 

 

一昨日、市内にあるリサイクルショップのトレジャーファクトリーに初めて行ったら、

 

小さな店で楽器があまり置いてない・・・

 

ちょっとガッカリしてたら、1本だけクラシックギターが置いてあって、

 

しかもヤマハでほとんど傷もない!

 

ネックも反ってなさそうだし、ペグ(糸巻き)もだいじょうぶそうだ。

 

しかも、3,980円!これならなんとか買える!

 

ずっと探してたものに出逢えた気がして興奮。

 

即買いと行きたいところだけど、ここはちょっと冷静になろう。

 

とりあえず家に帰って考えることに。

 

 

 

家に帰ってネットで検索。

 

ヤマハのC-150というクラシックギターは1980年頃に作られたものらしく、

 

当時15,000円ほどで売られていた、いわゆる入門用のギターらしい。

 

でも入門用と言えどヤマハ製なので、それなりにちゃんと作られているらしい。

 

う〜ん、どうしよう。

 

田口はギターを他にも持っている。

 

エレキギター2本

 

アコースティックギター1本

 

持ってるけど、全然うまくならない。

 

不思議だ。どうしてうまくならないんだろう。

 

(持っているだけではうまくなりません。)

 

それに、今はアパート暮らしなんで、

 

あまりギターが弾ける環境ではない。

 

(ギターが思う存分弾ける環境であっても弾くとは限りません。)

 

それなのにそれなのに、さらにクラシックギターを買うんですか?

 

いいんですか?

 

いいんです!

 

次の日に買いに行きました。

 

ギター買っちゃった!

 

わ〜い!

 

 

 

 

きょうのBGM : ルンヒャン - ギターを抱いて

 

 

 


暑い。(No.1160)

 

 

暑いよ。

 

暑い。

 

暑過ぎるよ。

 

 

 

ここは福島県なんですけどね。

 

福島県っていうと寒いイメージがあるかもしれませんが、福島は広いんです。

 

いま住んでる福島県いわき市は福島の南部にあって、すぐ下が茨城県なわけで、

 

千葉に暮らしていた頃とほとんど変わらない気候なんですよ。

 

それでもって浜通りという地域で、海が近いから結構涼しい風が吹いたりして、

 

アパートも2階なんで窓からいい風が入り込んだりして、

 

日中暑くても朝晩はいい風が吹いたりするわけなんですけど、

 

ここ数日はダメです。

 

暑い。

 

暑過ぎる。

 

 

 

田口は暑さに弱いんです。

 

痩せてるんですけど暑さに弱いんです。

 

暑いと何もやる気が起きない。

 

な〜んにもやる気が出ない。

 

暑い中、今、こうしてブログを更新しようとしているのは、

 

まさに奇蹟としか言いようがありません。

 

いや、奇蹟というよりはエアコン偉い。

 

部屋でも車でもあまりエアコンは使わないほうなんです。

 

うん、いつでも自然を感じていたいんだよ。

 

もっと光を!

 

うん、関係ない。

 

いや、今年ほどエアコンの偉大さを身にしみて感じたことはなかった。

 

エアコン偉い。

 

 

 

という、

 

暑さにやられて奇蹟のブログ更新。

 

みんな熱中症に気をつけるんだぞ!

 

 

 

 

きょうのBGM : Holly Cole - Too Darn Hot


エッシャー展@上野の森美術館(No.1159)

 

 

 

 

エッシャーというと、いわゆる「だまし絵」が有名ですが、

 

子供の頃に見たときは、なんだか間違い探しをしてるみたいで

 

「おもしろいなぁ」と思ったのと同時に、

 

その作品のタッチから「なんだかちょっと怖い」とゾクゾクしたものです。

 

エッシャー展をやるって聞いた時から、

 

これは絶対行きたいと思い、今回行ってきました。

 

がんばって上野まで行ってきました。

 

 

 

だまし絵を何点か見たことしかなくて、他の知識は全くなし。

 

オランダの人なんだぁ、とか。

 

だまし絵は結構少ないんだなぁ、とか。

 

これって、版画とかリトグラフがほとんどなんだぁ、とか。

 

そんな感じで見てきました。

 

たくさんの人が見にきていました。

 

イスラエル博物館所蔵の約150点が展示されていたそうですが、

 

結構じっくり見てきました。

 

構図や視点が独特でおもしろかったです。

 

 

思わず図録まで買っちゃった。

 

 

 

よく見ると不自然。永久機関的な。

 

 

 

建物の中に掛かったハシゴが2階では建物の外に。柱もあり得ない。

 

 

 

あ〜おもしろかった。

 

 

 

きょうのBGM : Adele - Painting Pictures


しおかぜ (No.1158)

 

 

 

 

 

そういえば、マメに更新するって言った気がする。

 

かすかな記憶の中で言った気がする。

 

前回は温泉(スーパー銭湯)に行ったという記事だった気がする。

 

今回も温泉に行ったっていう記事にしよう。

 

 

 

温泉に行きました。

 

スーパー銭湯に行きました。

 

スーパー銭湯っていうネーミングはどうにかならないものか?

 

温泉に行ってきました。

 

夜勤明けで疲れ切って、もうこれは、あれだな、

 

温泉に行くしかないな、ということで、

 

温泉に行ってきました。

 

職場から車で15分くらいのところにあります。

 

仮設住宅暮らしの時に3度ほど行きました。

 

温泉の他に宿泊施設や、公園、キャンプ場、レンタサイクルなんかもあります。

 

 

 

 

でも営業は10時から。

 

職場を出たのが8時半くらいだったから、まだやってない。

 

セブンイレブンでパンを買って行って、

 

オープン前の温泉の駐車場で朝食を済ませ、

 

海の目の前なので海をしばらく眺めて、

 

人生を振り返ったとか振り返らなかったとか。

 

車の中でちょっぴり寝て、10時過ぎに温泉に行きましたとさ。

 

 

 

前回の極楽湯と同様、こちらでもお気に入りの寝湯があります。

 

潮風に吹かれながらの寝湯は最高です。

 

夜勤明けで寝湯は危険かもしれません。

 

気がついたら日が沈んでた、なんてことにもなりかねません。

 

でも、寝湯をスルーなんてできません。

 

結局15分くらい寝ました。ああ気持ちいい。

 

 

 

温泉から出たら御飯の時間です。

 

ここの併設のレストランが結構うまくて気に入ってます。

 

 

 

とんかつもおいしく頂きました。

 

敷地内になぜかジェラート専門店があって、

 

以前から気になっていたので食べてみました。

 

 

うん、いける。

 

というわけで、

 

温泉&とんかつ&ジェラート&海。

 

うん、なかなかいい組み合わせだと思う。

 

癒されましたとさ。

 

以上。

 

次回は温泉の記事は避けたいぞ。

 

 

 

 

きょうのBGM : 澤田かおり - sea

 


ごくらく (No.1157)

 

 

 

まめに更新すると宣言したような気がするので更新しよう。

 

仕事が休みの日に何をしようかと考える時、

 

だいたい最初に思い浮かぶのが、

 

 

 

「温泉行きたい。」

 

 

 

歳を重ねるごとに温泉への想いは募るばかりだ。

 

それとも、単に疲れてるだけなのか。

 

というわけで、車で25分位の所にあるスーパー銭湯へ行くことにした。

 

千葉にいる時も何度か行った「極楽湯」が、いわき市内にもあることを先日発見。

 

今月2度目の極楽湯へ。

 

 

 

温泉は好きだけど長湯はどうも苦手だ。

 

長く湯に浸かっているとなんだか息苦しくなってしまうので、いつも短め。

 

それでなくとも人生で息苦しい思いをしているのに。

 

って、なんだそれ。

 

というわけで、もちろんサウナもスルー。

 

でも、ここのお湯はあまり熱くないので、そんな自分でも比較的ゆっくり入っていられる。

 

まあ、やはり露天風呂が気分がいい。

 

あと、いろんな風呂があるけれど、寝湯が好きだ。

 

露天の床に寝そべって頭の方からお湯がチョロチョロと流れてくるやつ。

 

湯が当たらない胸や腹は風が吹いたりするとちょっと寒いけれど、背中はポカポカして気持ちいい。

 

そのうちだんだん身体がいい感じに温まって、眠くなってくる。

 

夜勤明けとかだったら確実にぐっすり寝てしまいそうで危険かもしれない。

 

ほんの数分居眠りしただけで、すごく気分が良くなる。

 

ああ、癒しだ。これぞ癒しだ。

 

電気風呂も結構好きだ。

 

微弱な電流が流れていてビリビリするやつ。

 

低周波治療器のビリビリ感に似てるやつ。

 

ここの電気風呂は結構シビレ度が高い。

 

効いてるんだか効いてないんだかわからないけど、入ってしまう。

 

身体に電流を流せば体調も良くなって、頭も賢くなるんじゃないか的な。

 

ショック療法的な。

 

まあ、無理だろうけど。

 

 

 

風呂を出たら、やはり休憩所&食事処で御飯が食べたい。

 

前回はここで一番人気だという「辛みそネギラーメン」というのを食べたんだけど、

 

辛くて熱くて、風呂に入り直したほうがいいんじゃない?っていうくらい汗が出て困った。

 

うまかったけど、ここでは辛みそネギラーメンはやめておこう。

 

だいたい、こういう所では、ざるそば系を食べることが多いんだけど、

 

腹が減っていたのでカツ丼を食べることにした。

 

うん、これはなかなかうまかった。

 

 

 

ということで、

 

ああ、ごくらくごくらく。

 

なんだ、この日記風な感じ。

 

 

 

きょうのBGM : Bryan Adams - Heaven

 


1周年 (No.1155)

 

 

福島に来てから昨日5月1日で1周年を迎えた。

 

あっという間の1年だった。

 

千葉から福島へ単身で引っ越して来て、

 

半年間の仮設住宅暮らしの後、

 

さらに引っ越して半年間のアパート暮らし。

 

1年の間に住まいが2度変わるというのはなかなかバタバタする。

 

仕事の方も、5ヶ月経過したところで担当ユニットが変わったりして、

 

これまたバタバタしていた。

 

今でも相変わらずの人手不足でバタバタしている。

 

でも、まあ、なんとか生きてる。

 

 

 

連休がなかなか無いので、千葉にはたまにしか行けない。

 

だから、いつ行っても三毛猫タマはよそよそしい。

 

いや、よそよそしいどころか、田口を不審者扱いしている。

 

悲しい。とてつもなく悲しい。

 

 

 

両親が住む八王子の実家には、それ以上に行けていない。

 

あまり顔を出せないので、ずっと内緒にしていたこのブログの存在を知らせた。

 

手紙もメールも電話もほとんどしない親不孝者なので、

 

せめて、ブログで近況報告をしようというずるい企みだ。

 

しかしながら、ブログの更新が滞っている。

 

いかん、これは、いかん。

 

ということで、

 

本日、宣言します!

 

高らかに宣言致します!

 

 

 

 

もっとマメにブログを更新することを、ここに誓います!

 

 

 

 

過去、何度も宣言したことがあるような気がしますが、気にしません。

 

ものすごく久しぶりに、フォントを拡大して赤に変えてしまったくらい、

 

気合が入っていることを御理解下さい。

 

 

 

 

 

きょうのBGM : 秦基博 - 新しい歌

 

 


新しいテレビ (No.1154)

 

 

メイド・イン・チャイナのハイセンス製43型テレビを返品することに決まってから、

 

新しいテレビを捜しました。

 

最初からレグザとかビエラとかブラビアとかの日本製にすれば良かったんだ。

 

とは言え、やはり日本製は高価だ。

 

同じような値段で日本製にするとかなりのサイズダウンになってしまう。

 

田口のテレビライフで歴代いちばん大きな43型の喜びを知ってしまった今、

 

サイズダウンは避けたい。

 

となると、選択肢はほとんどありませんでした。

 

 

メイド・イン・韓国 LG製 43UF7710

 

 

 

ネットの価格コム経由で買いました。

 

返品したテレビとほぼ同じくらいの価格。

 

2016年製とちょっと古い物ですが、4Kです。

 

光デジタル出力端子が付いているので、

 

オーディオセットに繋いでいい音で聴ける。

 

それに何より、アマゾンのプライムビデオのアプリが入っているのがすごく便利!

 

今まではiMacでアマゾンのプライムビデオで映画を再生して、

 

テレビに差し込んだ初代クロームキャストにWi-Fi経由で飛ばして観てたけど、

 

これからはテレビ単独でアマゾンのプライムビデオが観れる。

 

これは便利。

 

他の使い勝手もこちらの方が良くて、映像もきれいだ。

 

今度こそ不具合が起きませんように!

 

さあ、次は何の映画を見ようかな。

 

 

 

 

きょうのBGM : Billy Joel - Sleeping With The Television On


祭りのあと (No.1153)

 

 

祭りのあと。淋しいよね。

 

あれだけ楽しみにしてた祭りも終わっちゃった。淋しいなぁ。

 

飲み会のあと。淋しいよね。

 

ひとり歩いて帰る道。淋しいなぁ。

 

ホームパーティーのあと。淋しいよね。

 

静まり返ったひとりの部屋。淋しいなぁ。

 

っていうか、ホームパーティーとか、やりませんから〜!

 

 

 

で、何が言いたいかというとですね、

 

昨年の終わり頃に「家電まつり」を開催しまして、

 

えぇ、えぇ、それはそれは華々しく開催いたしまして。

 

引っ越しにともなって、家電を買いまくるという、

 

それはそれは夢のような、楽しい楽しい祭りでした。

 

しかし、やはり、楽しい祭りにも終わりがあるわけでして。

 

花火が終われば、みんな家路へと向かうわけですよ。

 

淋しいなぁ。

 

いや、もう、本題に入りましょう。

 

 

 

テレビが、

 

テレビの音が、

 

ス、ス、ステレオになってない!

 

テレビの音が、

 

モ、モ、モノラルでしか聞こえない!

 

マジか・・・

 

 

 

え?いつからだろう?

 

最初から?

 

いや、この前録画した音楽番組を観た時はステレオになってた。

 

色々試してみると、

 

ブルーレイレコーダーからHDMIケーブル経由で入ってきた音声は、

 

きちんとステレオで聞こえる。

 

chromecast(クロームキャスト)からHDMI経由で入ってきた音声も、

 

きちんとステレオで聞こえる。

 

テレビ本体の音がステレオになっていない。

 

スピーカーで聞いてもヘッドフォンで聞いても、症状は同じ。

 

 

 

というわけで、メーカーに問い合わせました。

 

しばらくしてサポートセンターから修理の人が来まして、

 

症状を見て(聞いて)もらいました。

 

修理のおじさんに聞いてもらいました。

 

「う〜ん、この機種の性能ではないですかね?」

 

(いやいや、性能うんぬんとかの話じゃないですから〜)

 

(ス、ス、ス、ステレオじゃ、ないんだなぁ。「山下清風で」)

 

ヘッドフォンを渡して聞いてもらいました。

 

「私、あまり耳が良くないので、ちょっとわからないんですが・・・」

 

(モ、モ、モ、モノラルなんだなぁ。「山下清風で」)

 

 

 

その場で、基盤交換をしてもらいましたが、症状は変わらず。

 

製品交換ということになりまして、

 

1週間ほどして、同じ修理のおじさんが別の製品を持って来て交換してもらいましたが、

 

イヤな予感的中で、症状は全く変わらず。

 

ということで、返品して、返金ということになりました。

 

あ〜あ、日本製にしておけばよかった・・・

 

あとの祭り。

 

祭りのあとの、あとの祭り。

 

うん、ややこしい。

 

 

 

本日、クロネコヤマトがやって来て、

 

メイド・イン・チャイナのハイセンス製43型テレビを

 

持ち去って行きました。

 

 

 

さて、

 

どうなるんでしょう、田口のテレビライフ。

 

 

 

 

きょうのBGM : 井上陽水 - Good, Good-Bye


| 1/23PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

ねこ温度計

プロフィール

profilephoto 田口。東京出身で千葉県在住、だったけど、 今はなぜか福島在住。 1日の半分以上は音楽のことを考えてる。 Appleとコーヒーと猫がかなり好き。 そしておもしろいことが好き。 リンクフリーですよー。 お気軽にコメント下さいねー。 MikenekoTaguchiをフォローしましょう

今何人ここにいる?

最新コメント

 (JUGEMレビュー »)

Yammy「太陽」

Superfly
Superfly (JUGEMレビュー »)
Superfly,Superfly×JET

最新記事

カテゴリー

リンク

アーカイブ

カウンター

このブログ内を検索

sponsored links

others

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM