スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2020.02.13 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ライブに行ってみたいアーティスト3人 (No.1185)

 

 

突然ですが、ライブに行ってみたいアーティスト3人を発表します!

 

 

・Holly Cole

・Basia

・玉置浩二

 

 

Holly Cole はかなり長いこと聴いてる。

 

めちゃめちゃ歌がうまい。うま過ぎる。

 

歌い上げ系でうまいというのではなく、歌い回しっていうのか、タイミングっていうのか、

 

なんだろう、もう、完璧だ。

 

自分で「おやすみミュージック」と題して、寝る時に聴くプレイリストをいくつか作ってるんだけど、

 

Holly Cole だけで作ってるプレイリストを、ここ何年も聴いている。

 

身体に心に染み入る歌声が本当に癒される。染み入り過ぎていつの間にか眠ってる。

 

2018年に来日してたみたいだ。ちくしょ〜!行きたかったなぁ。

 

来日してくれないかなぁ。

 

 

 

Basiaはポーランドの出身らしい。

 

マット・ビアンコに在籍してたらしい。

 

マット・ビアンコ、名前は知ってるけど、ほとんだ知らないですけど。

 

以前ラジオでよく流れてた曲が突然聴きたくなって、

 

マンハッタントランスファーの女性ボーカルみたいな声で、

 

確かバーシャって言ってたなぁ、調べたらバーシャはBasiaだった。

 

BeiseaじゃなくてBasiaね。Beisiaだと大型スーパーセンターになっちゃう。

 

全然違うか。

 

それで聴きたかった曲にたどり着いて、TSUTAYAでベストアルバム聴いたら、

 

これがいい、すごくいい。

 

歌声もいいし、曲もいい。

 

AmazonPrime Musicでライブ音源聴いたけど、これもすごく良くて、

 

ああ、ライブ聴きたいなぁ。

 

この人も2018年に来日してた!ちっくっしょ〜!(コウメ太夫風で)

 

 

 

玉置浩二。

 

安全地帯は特別好きだったわけじゃないけど、

 

時々すごいメロディの曲が出てきたりで、玉置浩二ってすごいなぁ、とは思ってた。

 

「Friend」とかメロディが大好きだった。

 

昔々テレビで観た玉置浩二のソロライブですごく感動して、

 

ライブ行きたいなぁ、とずっと思ってるんだけど、

 

なぜか行ってない。でも行きたい。

 

YouTubeを見るときは90%くらいが音楽の動画を見るんだけど、

 

時々、玉置浩二にハマって感動する、っていうのがルーティンみたいになってる。

 

メロディとか歌声とかね、鳥肌立つ。

 

ROCK in JAPANのフェスで歌ってる「清く正しく美しく」を観るたびに泣けてきちゃう。

 

 

 

きょうのBGM : 安全地帯 - 清く正しく美しく


VOLOMUSIKS @ GyoenROSSO 198 (No.1184)

 

 

 

果てしなく久しぶりに絶賛応援中のVOLOMUSIKS(ボロムジクス)のライブへ行ってきました。

 

最後に行ったのはいつだろう?

 

そうだブログで調べよう。ブログって便利だな。

 

う〜んと、え〜と、

 

渋谷 La.mama 2015.9.3だ。

 

そ、そ、そんな昔なのか!

 

4年以上も逢ってなかったのか・・・

 

2年間福島で暮らしてたし、4年の間に田口も色々とあったからなぁ・・・(遠い目)

 

あ、でもキーボードのゆかさんとは福島に住んでる時に二度逢ってるんだけどね。

 

 

 

新宿御苑にある GyoenROSSO 198というライブバー、

 

オーナーの方がVOLOMUSIKSをかなり推しているので、

 

以前から気になっててツイッターもフォローさせてもらっているんだけど、

 

なかなか来れなくて、今回初めてROSSOに来てみました。

 

オープンと同時くらいに入って席に着いていたら、

 

オーナーが「きょうはどのバンドがお目当てですか?」と話しかけてきてくれて、

 

VOLOMUSIKSなんです、久しぶりなんです、ROSSOさんフォローさせて頂いてます、

 

なんてことを少しだけお話しさせていただきました。

 

オーナーは優しい感じの方で、話す際の距離感がすごく良くて、

 

こういう所にひとりで来ている者にとっては、これだけでなんだかとてもホッとする。

 

 

 

さてさて、ライブが始まりました。

 

今回は3組の出演があって、最初はkukatachii(クカタチ)。

 

kukatachiiはVOLOMUSIKSと仲のいいバンドで何度か共演しているけど、

 

以前から気になっていて、よく聴いているラジオ番組「大西貴文のTHE NITE」でも、

 

VOLOMUSIKSと共に番組で時々曲が流されていて、ライブに行ってみたいと思っていました。

 

メンバー3人のダンスポップバンドなんだけど、

 

きょうはボーカルとキーボードの2人でのバラード中心のセットリスト。

 

YudaiさんのボーカルとYuiさんのキーボード。

 

YouTubeで観た時の踊り出したくなるようなサウンドではなく、

 

今回はバラードでしっとりな感じだったけど、これもまたいい。

 

Yudaiさんには申し訳ないけど、8割がたYuiさんに視線が行ってしまいました。

 

だってYuiさんきれいなんですもの。しょうがないでしょ(笑)

 

 

 

 

演奏が終わってファーストフルアルバム「SYN-」を購入。

 

このアルバム、17曲も入ってる!

 

YudaiさんとYuiさんのサインをもらいつつお話をさせていただきましたが、

 

おふたりともすごく感じが良くて、ますますファンになってしまいました。

 

 

kukatachii「SYN-」

 

 

 

2組目は「鎌田峻平&庄司陽太」

 

ボーカルの鎌田峻平さんは男気あふれる感じでストレートな歌いっぷりが好感持てました。

 

庄司陽太さんのギターもかっこよかったなぁ。

 

あんなふうにアコースティックギターを弾けたら幸せになれるかもしれない。

 

田口ももう少しギターがうまくなりたい。

 

と言って何年が経つのでしょうか・・・。死ぬまで言ってる気がする。

 

 

 

さあさあ、トリはVOLOMUSIKSです。

 

いや〜本当に久しぶりです。

 

最初にVOLOMUSIKSに出逢った時に、その感動をブログに書いたんだけど、

 

そのブログを見てくれたベースの松林大樹さんが

 

「初めてブログで取り上げてもらいました」的なことを言ってくれまして、

 

そうなんです。田口には先見の明があったのです!

 

自慢していいですよね?いいですよね?いいんです!

 

その頃から親戚のおじさんスタンスで応援してきた。

 

そして4年と5ヶ月ぶりほどの久しぶりの生演奏。

 

ステージにVOLOMUSIKSが登場。

 

ボーカルのかおりさんとキーボードのゆかさんは昔と変わらず緊張の面持ち。

 

セッティングが終わると「春の海」のメロディが流れてきました。

 

「春の海」、そうです、正月になると流れる琴のやつ。

 

タン タラララ タララン〜 タン タラララタララン〜 っていうやつ

 

そう来たか!

 

そして「新年あけましておめでとうございます!」

 

「本年もVOLOMUSIKSをよろしくお願いいたします。」

 

おお、そうか!VOLOMUSIKSは2020年初のライブだった!

 

う〜ん、つかみはOK〜!

 

ボーカルかおりさんのMC結構おもしろくて好きだ。

 

これで、お客さんの気持ちをグッと掴んで距離を縮めることができる。

 

それに何より自分たちの緊張もほぐすことができるしね。

 

なかなかいい作戦です!

 

きょうのセットリストは、

 

 

1.ラビリンス
2.ナイン
3.よがり
4.悪い花
5.レクイエム
6.生きてる限り
7.La lullaby
アンコール : SEASON

 

 

 

 

 

 

う〜ん、やっぱりVOLOMUSIKSいいわ〜!

 

なんだかすごいパワーアップしてる!

 

かおりさんのボーカルも表現力バッチリで余裕すら感じる。

 

ゆかさんのキーボードも相変わらずかっこいいフレーズ出まくりで、

 

だいきさんのベースもキレッキレでかっこいい!

 

サポートドラムのホリ先生のドラムも良かったなぁ。

 

初めてだなんて嘘でしょ!っていうくらいVOLOMUSIKSに馴染んでた!

 

音源とは違う「悪い花」のアレンジも見事だったし、

 

かおりさんらしいタイトルの新曲「よがり」も良かったなぁ。

 

 

 

演奏が終わって久しぶりにVOLOMUSIKSのCDを買いました。

 

VOLOMUSIKS初のカバー曲集

 

洋楽のカバーなんだけど、アレンジと演奏はVOLOMUSIKSらしさがいっぱい詰まってる。

 

VOLOMUSIKS - Free Jazzy Collection 〜 LOVE STYLE

 

 

 

久しぶりに3人とお話をさせてもらいました。

 

次のライブはまだ決まってないらしいけど、

 

早く決めてくれ〜!

 

そして早めに告知お願いします!

 

そして新しいアルバムも作ってくれ〜!

 

17曲も入れろとは言わないから〜(笑)

 

 

 

GyoenROSSO、いいライブバーだったなぁ。

 

kukatachiiもVOLOMUSIKSも良かった〜。

 

あ〜楽しかった!

 

 

 

きょうのBGM : VOLOMUSIKS - SEASON


マシデコレディオ/澤田かおり in 渋谷(No.1183)

 

 

2019.1.23 渋谷ballo ballo

 

 

 

久しぶりにライブに行ってきました。

 

絶賛応援中の澤田かおりさんはロスアンジェルスに拠点を移して活動中。

 

最近はテレビ番組「きのう何食べた?」の音楽や俳優斎藤工が監督する映画の音楽を担当したりと

 

作曲活動でがんばっているようです。

 

現在、来日中ということで渋谷に行ってきました。

 

来日中と聞くとハリウッド大物タレントとかエリック・クラプトンを思い浮かべてしまうけど(笑)


 

 

今回は「マシデコレディオ」という高橋マシさんとジルデコのchihiRoさんのラジオ番組のイベントで、

 

そのトーク&ライブのゲストとして澤田かおりさんが登場。

 

前半はchihiRoさんのライブと澤田かおりさんのライブで後半が3人のトーク。

 

 

 

chihiRoさんを初めて知ったのは澤田かおりさんのライブにゲストで出演された2014年5月。

 

渋谷 gee-geでの「Singin' in My Dining Room」という澤田かおりさんのライブだった。

 

「Singin' in My Dining Room」懐かしいなぁ。

 

音楽だけじゃなくて、食事も手作りしてお客さんに提供してしまうというイベント。

 

しかも料理がめちゃめちゃうまかったという。ああ、また手作りカレー食べたい。

 

その第1回目のゲストがchihiRoさんだった。

 

chihiRoさんの美貌と美声に圧倒されて一気にファンになって、

 

ツイッターとかインスタグラムとかブログも見るようになって、

 

美しいだけじゃなくて「かなりおもしろい」人で(笑)。

 

 

 

 

 

chihiRoさんは竹田麻里絵さんのピアノ(すごい演奏だった)で、澤田かおりさんはピアノ弾き語りでの

 

バラード中心のライブでしたが、ふたりの声が本当に心に染み入りました。

 

ずっと聴いていたい歌声。ほんと癒される。

 

ふたりで作った「26の私」。大好きな曲なんだけど生で聴くのはかなりヤバかった。

 

それと、澤田かおりさんの「流星」がまさか弾き語りで聴けるとは!

 

この曲も大好きなんだよなぁ。すごい名曲だと思う。

 

不倫の歌なんだけど、タイミング的に大物俳優の不倫騒動があったからね(笑)

 

 

 

トークでは、プライベートでも仲の良いふたりなんで、いや〜おもしろかった。

 

プライベート写真を持ち込んでのトークもおもしろすぎたなぁ。

 

アットホームであったか〜い素敵なライブでした。

 

久しぶりのライブだったけど、やっぱり音楽っていいなぁ。

 

 

 

きょうのBGM : ジルデコ(feat. 澤田かおり) - 26の私


2019年にハマった J-POP (No.1182)

 

 

突然ですが、2019年にハマった J-POP(新旧問わず)を発表します!

 

 

・接吻 -kiss- (ORIGINAL LOVE) 

  いや、2019年に限ったことじゃないですけどね、今年あらためて、この曲の凄さにハマりました。

  名曲ですよ名曲。アレンジ完璧。田口のカラオケのレパートリーでもあります。

 

・灰色と青(米津玄師╳菅田将暉)

  米津玄師の曲の良さもさることながら、菅田将暉の声と歌い方に惚れ込みました。

  こちらも田口のカラオケのレパートリーであります。

 

・まちがいさがし(菅田将暉)

  こちらも米津玄師の曲だけど、こっち系の曲の方が Lemonより好きです。

  やっぱり菅田将暉の歌が良すぎます。カラオケで歌いたい。

  

・別の人の彼女になったよ(Wacci)

  昔々、iTunes Store が1週間に1曲だけ無料配信してたことがあって(懐かしいなぁ)

  その時の「君を見送る」という曲でWacci(ワッチ)を知りました。いい曲なんだなぁ。

  「別の人の彼女になったよ」は作詞が天才。ミュージックビデオも秀逸です。

 

・宿命 (Official髭男dism)

  この曲が収録されているアルバム「Traveler」には才能と熱がいっぱい詰まってる感じがします。

  中でもこの曲の熱量が半端無いです。蔦谷好位置のアレンジもかっこいい。

  カラオケ難しそう。

 

 

この他にもいい曲いっぱいありました。

 

さてさて、来年はどんな曲に出会えるのでしょうか。

 

音楽万歳!

 

 

 

きょうのBGM : Wacci - 別の人の彼女になったよ

  


iPhoneバッテリー交換 (No.1181)

 

iPhone SE を使っています。

 

2年半前に買いましたが、最近バッテリーの減りが激しくて困ってます。

 

バッテリーが1日持たないので、モバイルバッテリーを購入。

 

でも、いつも持ち歩かなきゃいけないので面倒です。

 

 

 

本当は新しい iPhone を買いたいのだけれど、

 

正直、今のiPhoneのラインナップの中には欲しい iPhone は無いわけで。

 

大きすぎて好きになれません。あと、デザインや形も好きになれない。

 

 

 

今使っている iPhone SE はディスプレイが4インチの小さい物。

 

この大きさが手にしっくりときて片手で操作できる。

 

来年の早い段階で iPhone SEの後継機が出るんじゃないかという予想がありますが、

 

今より大きい4.7インチで、形状は iPhone 8 に似てるのではないかということで、

 

ちょっとがっかり。今の iPhone SE の形で薄くなってくれるといいんだけどなぁ。

 

でもラインナップの中から選ぶとしたら、いちばん小さなサイズを選ぶと思うので、

 

多分、その iPhone SE の後継機と言われている物を選ぶと思います。

 

 

 

でも、その時まで待てません。

 

バッテリーの消耗が激しすぎて待てません。

 

ということで、iPhone SE 自体のバッテリーを交換することにしました。

 

アップルストアや iPhoneの修理屋さんに頼むと高そうなので、

 

アマゾンで「バッテリー&交換キット」(¥2,300)を購入して、

 

自己責任でバッテリー交換をすることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

添付されていた説明書ではわかりにくい部分があったので、

 

YouTube に上がってる先人達の動画を参考にしました。

 

簡単にできるだろうと思って始めたけど、

 

一部難易度高いところがあって、ちょっと焦ったけど、

 

なんとかバッテリー交換終了〜!

 

 

 

モバイルバッテリーを持ち歩かなくてもいいし、

 

バッテリーの残量をしょっちゅう気にしなくていい生活は快適です!

 

 

 

きょうのBGM : Official髭男dism - 宿命

 


| 1/101PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

ねこ温度計

プロフィール

profilephoto 田口。東京→千葉→福島→東京 1日の半分以上は音楽のことを考えてる。 Appleとコーヒーと猫がかなり好き。 そしておもしろいことが好き。 リンクフリーですよー。 お気軽にコメント下さいねー。 MikenekoTaguchiをフォローしましょう

今何人ここにいる?

最新コメント

 (JUGEMレビュー »)

Yammy「太陽」

Superfly
Superfly (JUGEMレビュー »)
Superfly,Superfly×JET

最新記事

カテゴリー

リンク

アーカイブ

カウンター

このブログ内を検索

sponsored links

others

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM